儲かるRMT研究(復讐のゼロサムゲーム)
オンラインゲームのRMTの現状と相場研究。RMT以外の儲かることの研究も・・・・

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インタラクティブブローカーズ(Interactive Brokers)の住所証明がやっと承認された。

送ったのはソフトバンクテレコム株式会社(SOFTBANK TELECOM Corp.)の電話の請求書。

初めはこれは駄目別の住所証明を送れと言ってきたが、固定電話(携帯電話でない)の住所証明であること説明しなんとか承認された。

住民票が駄目だとわかってからかなり時間がかかったがようやくここまでたどり着いた。

ちなみに0061市外電話サービスなら小額(数10円)でも請求書が来る(20006 11月現在)。

ただ市外電話はいざ電話をかけようとするとかけるところがないことに気づく。

適当に電話帳を開いて誰か出たら切ればいいかとも考えたが、気が引けたので会社が誰も

いない時留守電にかける事にした。

0061 03-○○○×-××△○

電話先のアナウンス NTTコミュニケーションズ・・・・

何度かけてもNTTコミュニケーションズ・・・・ 

今更ながら我が家がNTTコミュニケーションズのマイラインプラスに入っていることに気づく。

再度調べなおして今度は

122 0061 03-○○○×-××△○とかけるとなにもアナウンスがないが留守電にかかる。

その間少し不安だったが11月10日発行の10月分の請求書が11日に届き今に至る。

下の画像はIBからのメール

国境なき医師団日本



ib1.jpg






スポンサーサイト

インタラクティブブローカーズ(Interactive Brokers)はいずれ開設するとして、

海外の銀行口座を作る準備をすることにしました。

海外の銀行口座を持つだけなら三菱東京UFJ銀行の紹介(オフショアではない)で開設できる。

ただ少し遠回りをすることになるが開設代行業者なしで自力で口座開設する方法をとることにした。

理由は余裕資金がないことにある。

この先の段階の海外法人や海外永住権、セカンドパスポートの取得などはある程度余裕ができれば業者の力を借りることになるかもしれない。

海外の銀行に口座開設する際に必要な書類に英文の残高証明が必要なことがある。

ネットで調べた感じでは

シティバンク  新生銀行  ソニー銀行

が英文の残高証明を発行してもらえるとのこと、もちろんこれ以外にもあるかもしれないが・・・・。

この中でシティバンクは口座維持手数料がかかるので回避し、

新生銀行ソニー銀行の2つを徹底的に比較して

ネットで他行の銀行への振込が月5回まで無料新生銀行に口座を開いた。

後はどこの海外銀行口座にするかが問題・・・・

【一日】クリック募金【一善】




前回の続き



IBの住所証明に送った住民税の領収書が承認されなかった。

口座開設に手が届きそうで届かないという事態になってしまった。

他には運転免許が使えるという話だが残念ながら持っていない。

原付免許でも取りに行こうか、それとも時間がかかるが電話の請求書にするか・・・・

どちらにしても海外の銀行口座を開くには自分名義の住所証明が必要になるので何が何でも手に入れる必要がある。

価格.com - クリック募金


せっかくパスポートを作ったので色々な種類の海外口座を開こうと思います。

ヘッジファンドのマーケットニュートラル戦略とかグローバルマクロ戦略を試してみたいので、インタラクティブブローカーズ(Interactive Brokers)略してIBに口座開設申請中。

IBはアメリカのオンライン証券会社で世界16カ国の取引所の株、先物、オプション、為替、債券取引ができます。

しかも手数料が格安で手持ち資金の少ないトレーダーにとっては手数料負けしにくいという利点もあります。

その他の利点として

口座開設手続きが全てオンラインで済ませられる

ベース通貨を選択できる

送金が楽

ということで一部のマニアには大人気です。

とりあえずこことかこことかここを参考にしてわからない英語と必死に格闘、途中住所入力のところで何度も何度も時間切れになってきれそうになったが、冷静になってコピー&ペーストで乗り切りました。

また訳がわからない長文がこれでもかこれでもかというぐらいでて全て終わるのに数日かかりました。

(もちろん訳がわからなくてもAccept(同意)にチェックをいれればいいので問題ない)

後は身分と住所を証明するものが認証されれば開設される。

身分証明はパスポートをスキャナーで読み込みPDFにしてメールをだして数時間で認証されたが、住所証明は同居家族の名義では不可という書き込みがあったので住民税の領収書を送った、翻訳に時間がかかるのかまだ認証されない。

とりあえず気長に待とうと思います。

1日1回クリック募金飢餓救済のホームページ

今日は10年間有効のICチップ入りのパスポートを受け取りにいきました。

外国に旅行に行くのかと思われそうですが、今は別に旅行する気はないです。

ではなぜ悲惨世代の貧乏人にはきつい16000円+諸費用(戸籍謄本、顔写真)を払ってまで10年間有効のICチップ入りのパスポートを取得したのかというと



海外に口座を作ろうと思ったからです。



海外口座といっても色々あります。

銀行、証券会社、外国為替専門の両替(FX)会社などいろんな国と種類の口座があります。

もちろん海外で口座を作るにも身分証明書が必要です、そこで一番良く使われているパスポートを作ったのです。

パスポートを手に入れたことによって海外口座開設の第一段階は終了したといえます。

なぜ海外に口座を作る必要があるのか?別に日本の銀行、証券会社、FX会社でもいいのでは?と聞こえてきそうですがもちろん理由はあります。

それはのちほど述べるとしてとりあえず次の段階に進もうと思います。・・・・

kenji145の募金りんく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。